ホラー

【アメリカン・ホラー・ストーリー1984】第8話~最終話ネタバレ感想。アメホラらしからぬ爽やかなラストが良きでした。

どうも、おのじ(@ozy_san_0624)です。

 

いよいよ、アメホラ1984の最終話。

今シーズン、オープニングから始まりストーリーの内容も、登場人物も、とても良かったですよ。

これまでのアメホラシーズンの中で、一番好きかもしれません。

 

名残惜しいところですが、今回は第8話~最終話の感想です。

 

おのじ
おのじ
※ネタバレ注意です。

 

 

【アメリカン・ホラー・ストーリー】感想まとめ...

 

 

むび子さん
むび子さん
アメリカン・ホラー・ストーリー1984は、U‐NEXTでも配信中です。 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

AHS1984:8~9話(最終話)あらすじ&感想

簡単なあらすじ
  • キャンプ場をミュージシャン追悼のメッカにしてぼろ儲けするため、招待したミュージシャンを皆殺しにしようと企むマーガレット。
  • マーガレットのたくらみを阻止しようとして、殺されるトレバー。
  • ジングルスは湖から出てきた化け物によって、水中に引きずり込まれる。その後30年間、誰も姿を見ていない。
  • モンタナ達は、ナイトストーカーをだまし討ちにして殺すことに成功。マーガレットへの復讐も果たす。
  • その後30年間、モンタナたちはナイトストーカーを監視し、ボビーを守っていた。
  • 30年後、キャンプ場に青年ボビーがやってきて、父と話したいとモンタナ達に訴える。

マーガレットの凶行と結末

出典:IMDb

マーガレットは最後までマーガレットでしたね。

そのブレなさ、ほんとうにプライスレス。

ナイトストーカーがフェスに来たミュージシャンを殺しちゃったもんだから、もう便乗して全員皆殺しにしちゃおう!というマーガレットの発想は一体全体どうなってんの!?と言いたいところ。

 

ですが、「ミュージシャンすべてが死ねば、レッドウッドはミュージシャン追悼のメッカになり、ビジネスとしてぼろ儲けできる」という理由を聞くと、一部納得もできてしまう。

 

 

マーガレット、狂ってはいるけど馬鹿ではないのよね。

不動産王として成功するのも、ちょっとだけわかる気がする。

 

むび子さん
むび子さん
方法は問題しかありませんけどね。

 

 

そんなマーガレットの暴走にも、ついに終わりが来ました。

本人もだけど、周りも本当にお疲れ様。

 

1話から右肩上がりにエスカレートする彼女のサイコパスぶりは、見ていて爽快ですらありましたよね~。

彼女の最後がどんなだったかというと、四肢と首を切断のうえ、すべて粉砕機で粉々にされるという華やか(?)なもの。

 

おのじ
おのじ
派手ぇ。

 

 

ほんと、何もかもが印象に残る人だわあ。

 

 

そういえばちょっと疑問が残ったのですが、死ぬ前に体が粉々にされると、幽霊にならないのかしら。

それって一体どういう理屈?

 

首を切られても30秒間は生きてるから、っていう理由で、生きてるうちに粉砕機に入れられた扱いになっていて、そうすると幽霊として蘇られないようなニュアンスでのシーンでしたが…。

粉々になった時点で、幽霊として蘇りそうですけどなぁ。うーん。

 

監視されるナイトストーカー

出典:IMDb

マーガレットと同じく、ナイトストーカーの方も決着がつきましたね。

とはいえ、彼は殺しても殺しても悪魔の力で蘇ってしまうので、ずっと監視する必要があるんですよね。

 

彼を殺し、蘇ったらまた殺し…というのを30年間も続けているモンタナ達。

 

おのじ
おのじ
30年間もよく頑張ってるよ。

 

 

幽霊にとっては、時間の流れが一瞬に感じる、みたいなことモンタナが言っていたので、幽霊たちは時間の長さは感じていないのかもしれませんけどね。

 

 

さて、ありとあらゆる方法で、生き返るたびに殺されるナイトストーカー。

撲殺・刺殺・チェーンソー。

ひぃ…となるけど、罪のない人たちを17人以上も殺してきた人物なのでね…。因果応報というものなのかしら。

 

 

出典:IMDb

それはそうと、ナイトストーカーをやるときのゼイヴィア君、めちゃくちゃ楽しそうな顔をしていて良きでした。

チェーンソーが似合うんだ、これがまた。

チェーンソー持っててこんなにセクシーな男性が、これまでいただろうか。

 

いや、いないね。最高でした。

 

血の演出やチェーンソー持った時に作るサディスティックな表情が、すんごく上手だと思います。コーディー・ファーン君。

 

永遠に結ばれる二人

出典:IMDb

やーっと結ばれましたね、モンタナとトレバー。

実質とっくに二人は結ばれてはいたのだけど、モンタナは幽霊、トレバーは生者でしたから。

晴れてトレバーもキャンプ場の幽霊になったことで、文字通り「永遠に」結ばれました。

 

 

むび子さん
むび子さん
しかしトレバーの生前というのは、さんざんなものでしたね。

 

 

レッドウッドで恐怖の一夜を過ごし、瀕死状態で生きて帰ったものの、今度はマーガレットとの地獄の結婚生活(でもちゃっかり寝てたけど)。

そしてレッドウッドではマーガレットのたくらみを阻止しようとして、マーガレットに撃たれて死亡。

危うくキャンプ場の外で死んでしまうところでした。

ちょうどキャンプ場についたブルックが手伝ってくれたおかげで、無事(?)キャンプ場内で死ぬことができましたけどね。

 

 

マーガレットがトレバーを銃で撃った場所、えげつなかったですよね。

足と股間って…。股間って…。

 

思わず痛い痛い痛い…!となってしまいました。

 

おのじ
おのじ
さすがよ、マーガレット。

 

 

出典:IMDb

さて、モンタナとトレバーの関係性、とても良かったですね。

トレバーの真摯な気持ちもですが、トレバーの前だとモンタナが可愛いかったじゃないですか。

あんなにトゲだらけだったモンタナが、トレバーの前だと丸いこと丸いこと。

 

それに、死後の二人が青年ボビーの前で見せたはっちゃけぶりも、なんだかほほ笑ましたかったです。

ジャーン!ってところ。

 

おのじ
おのじ
恋っていいやねぇ。

 

 

アメホラで無事にくっつくカップルって、あまりないのでは?

シーズン1でのヴァイオレットとテイト然り。

シーズン3でのゾーイとカイルも微妙だったし。

あ、シーズン5のリズとトリスタンはハッピーエンドでしたね。

 

 

ファイナルガールは誰か

出典:IMDb

ホラー映画で最後に生き残る女性を、ファイナル・ガールと言います。

今作のファイナル・ガールはブルックだったのか、ドナだったのか。

 

 

マーガレットへの復讐のため、再びキャンプ場を訪れたブルックとドナ。

マーガレットともみ合いになった中で、ブルックが撃たれてしまいます。

 

レイの助けを借りて何とかキャンプ場の外へ出るものの、その場で倒れてしまうブルック。

ドナはブルックが死んだと思っていましたが、実は通りがかりの人に助けられてブルックは生きていたんですね。

 

おのじ
おのじ
今作のファイナル・ガールは、ブルックとドナ、二人だったんだね。

 

 

出典:IMDb

ドナはともかく、ブルックは以前の性格のままだとファイナル・ガールっぽくありませんよね。

ホラー映画で生き残る女性って、たくましくて賢い人物がほとんどですが、以前のブルックはたくましくも賢くもなかったのですもの。

人の悪意にも鈍感だったし…。

 

彼女の性格の変化は、生き残るために設定されたのかなぁなんて思ったり。

生き残った後、ドナはレッドメドーズ病院の院長として、ブルックは医師と結婚し二人の子どもに恵まれ、幸せな生活を送っています。

 

おのじ
おのじ
それが救いだよねぇ。

 

 

レッドウッドで悪夢のような時間を過ごしたブルックにとって、ジングルスの存在は光だったようです。

アラスカへ行って家庭を持ち、ボビーという愛すべき存在を守りきったのですから。

「自分もそうなれる」という希望だったんだろうな。

だからブルックは、ジングルスの息子ボビーに、長年お金を送り続けたのでしょうね。

 

最初はあまり好きなキャラクターではありませんでしたが、ラストのブルックには拍手を送りたいなぁ。

 

父と息子の再会

出典:IMDb

さてさて、気になるMr.ジングルス。キャンプ場では、当たり前だけど敵だらけでした。

マーガレット、ナイトストーカーはもちろん、モンタナ達も彼を恨んでいますからね。

ボビーを守りたい、そのためにナイトストーカーを止めたい、ということをモンタナ達に訴えますが、聞いてもらえず。

 

おのじ
おのじ
モンタナ達に恨まれるのは、仕方ないよね…。

 

 

結局彼は湖から現れた化け物(?)に、水中に引きずり込まれ、その後30年間姿を見せませんでした。

 

ですが、成長したボビーが、父親と話すためにレッドウッドを訪れます。

そこに、実は幽霊として復活し、30年間モンタナ達から隠れ続けていたマーガレット(驚き)が登場。

マーガレットにボビーが襲われた時、息子を守るため、満を持してジングルスが登場しました。

 

父と息子、念願の再会、良かった~~~。

 

ボビーは長年求めていた父親に会えて真実を知ることができたし。

ジングルスは身を挺しても守りたかった我が子と再会できたし。

二人とも、本当に嬉しかったでしょうねぇ。

 

おのじ
おのじ
ほろり。

 

 

そんな親子の感動の再会も、ナイトストーカーと復活したマーガレットによって、ドタバタと急ぎ足にはなってしまうのがちょっと残念だったけど。

この二人のキャラクターはほんとにブレがない。

 

しかしマーガレット、やっぱり復活していたとは。

しぶといけれど、それでこそマーガレット。

もう逆にだんだん好きになってきちゃう。

 

出典:IMDb

そして、今作のラストです。

レッドウッドキャンプ場のゲートの前で、ジングルス、ラヴィニア、ジングルスの弟ボビーが、ボビーを見送る…という爽やかでちょっと切ないエンディングでしたね。

 

おのじ
おのじ
ここ、めっちゃ良かった。

 

 

キャンプ場にはナイトストーカーがまだいるし、マーガレットも復活してしまって、ボビーには危険極まりない場所です。

だからもう、家族で会うことは出来ないんだろうなぁ。

ジングルスも、ボビーが危険を冒すことは望んでいないし。

 

これが家族の最後の瞬間なんだと思うと、じわっと涙がね。

泣けるわ。

 

 

出典:IMDb

そういえば、青年ボビー役はフィン・ウィットロックが演じています。

 

 

やっぱりかっこいいですよね、この方。

 

 

シーズン4「怪奇劇場」で坊ちゃん役を演じた時は、我がままサイコパス殺人鬼だったから…。

出典:IMDb

この坊ちゃん、言動がほんとに気持ち悪くてインパクト大でした…。

 

今回のボビー役は爽やか好青年で、素直にうっとり。

俳優さんだから当たり前なのかもしれないけど、演じ分けがすごいよなぁ。

 

AHS1984、良かった

出典:IMDb

アメホラシリーズはどれも完成度が高く面白いのですが、今作もすっごく良いシーズンでしたね~!

 

とてもさわやかで綺麗なラストだったのはアメホラでは珍しく、思わずじーんとしてしまいました。

 

80年代ホラーをオマージュしていることにもワクワクしましたし、独特で頭に残るオープニングもかっこよくて最高だったし。

あまりに好きで、3周も見てしまいました。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

American Horror Story(@ahsfx)がシェアした投稿 –


さて、気になるのは、次のアメホラはどうなってんですか?ということ。

 

アメホラはシーズン13までの製作が決定しています。

シーズン10は、コロナの影響もあり、本国での放送が2021年まで延期になってしまいました。

これはとても残念…。

 

だけど朗報もあって、『アメリカン・ホラー・ストーリーズ』という、本家アメホラのスピンオフが制作されることに。

 

一時期は「フェイクニュースでは?」なんて言われていましたが、ちゃんと公式に制作が発表されたみたいで、一安心。

 

むび子さん
むび子さん
キャストや内容についてはまだ明らかにされていませんが、楽しみですよね。

 

 

時期的には、シーズン10の後くらいになるのかしらねぇ。

今シーズンでは、アメホラ常連のサラ・ポールソンやエヴァン・ピーターズが不在でしたから、次はぜひ見たいなぁ。

 

もちろん、コーディー・ファーン君も続投することを祈ります。

 

おのじ
おのじ
最後までレビューを読んでいただき、ありがとうございました。またね~。

 

 

むび子さん
むび子さん
U-NEXTの無料体験はバナーからどうぞ。