ホラー

【映画】クリムゾンピーク:トム・ヒドルストンに癒される、美ホラー映画。

イケメン大好き、おのじです。

今日は『映画:クリムゾン・ピーク』の感想を書いていきます。

画像引用:(C) Universal Pictures.

監督・脚本が鬼才ギレルモ・デル・トロという事で、評価がとても良いこの映画。

実際、映像・雰囲気がすごく綺麗で、映画素人の私でも見惚れましたよ。耽美~!

 

もちろん、ストーリーも面白いです。

一番惹かれたのが、主人公イーディスとトーマスのメロドラマ。

悶えました。この二人、特にトムの王子様っぷりに癒されました。たまらない。

 

アラサー女子にぜひおススメしたい映画となっております。

 

ではでは、スタート!

 

※感想を述べるうえで、一部ストーリーの流れに触れています。ネタバレが嫌な方は、ここでブラウザバックをお願いいたします。

 

【映画:クリムゾン・ピーク】の情報・あらすじ

作品情報

英題  CRIMSON  PEAK
製作年  2015年
製作国  アメリカ
上映時間  1時間59分
監督・脚本・製作  ギレルモ・デル・トロ

あらすじ

10歳のとき、死んだ母の幽霊と遭遇したイーディス(ミア・ワシコウスカ)。それ以来、彼女は亡霊を目にするようになる。トーマス(トム・ヒドルストン)と運命的な出会いを果たした彼女は、自分の父親が謎めいた死を遂げたのを機に彼と結婚。赤粘土の影響で雪が赤くなることからクリムゾン・ピークと呼ばれる山頂に立つ豪邸に、トーマスの姉ルシール(ジェシカ・チャステイン)と共に移り住むことに。三人での生活にも慣れてきたころ、体を真紅に染めた亡霊たちがイーディスの前に現れ奇妙な警告をする。

引用:シネマトゥデイ『クリムゾン・ピーク』

 

【映画:クリムゾン・ピーク】の主な登場人物

イーディス・カッシング

出典元:(C) Universal Pictures.

演じるのは「アリス・イン・ワンダーランド」、「ジェーン・エア」で主演していたミア・ワ̪シコウスカ

小説家を夢見る、資産家令嬢です。

子供の頃から幽霊を見る力があり、10歳の頃に母の幽霊から「クリムゾン・ピークには気をつけろ」と警告を受けます。

トーマスと結婚してクリムゾン・ピークへ来てからも、そこで赤い幽霊たちに遭遇する事に。

彼女の金髪と白いドレスが、重苦しい雰囲気に映えてすごく綺麗!人じゃないような美しさです。

 

トーマス・シャープ(右)、ルシール・シャープ(左)

出典元:(C) Universal Pictures.

イギリス貴族の姉弟。

事業の資金援助を求めるため、アメリカに来ます。階級は準男爵。

ミステリアスな姉のルシールと、魅力的な弟のトーマスは社交界でも一躍人気者に。

イーディスとトーマスが恋に落ちて結婚したのを機に、イギリスへと帰国します。

トーマスを演じるのは「アベンジャーズ/マイティ・ソーシリーズ」でロキを演じているトム・ヒドルストン

貴族そのものの見た目だけじゃなく、仕草とフェロモンが素敵すぎる。思わずうっとりです。

彼、王子かな?って思いました。

 

ルシールを演じるのはジェシカ・チャステイン

綺麗なんですが、屋敷に帰ってきてからのルシールは徐々に不穏な雰囲気に…。彼女の不安定さが怖い。

 

【映画:クリムゾン・ピーク】の感想

映像美

ゴシック・ホラーな今作。

タイトル画像を見てお分かりかと思いますが、映像がとても綺麗です。

そのおかげで、映画全体の雰囲気が結構ダークなのに気持ち悪さを感じません。

 

映画の中で何が一番ダークかって、イーディスが嫁いだクリムゾン・ピークのお屋敷です。

実はこのお屋敷、半壊状態なんですよね。

虫の死骸や黒い蛾が大量にいるし、床は腐ってるし、玄関ホールの天井に穴空いて空が見えちゃっているし(壮大な吹き抜けとも取れる…か…?)。

えっ!シャープ姉弟、今までここに住んでたの?てか人住めるの?これもう外なんじゃないの?って思うんだけれども。

だけど、そのぼろ屋敷ですら幻想的に表現されています。まさに映像美。

壊れているのに綺麗なのか、壊れているからこそ綺麗なのか、だんだん良く分からなくなってくるけど、とにかく美しいって事は分かる!

 

初めて屋敷に来たイーディスも、玄関ホールを見て「わぁ~!お部屋はいくつあるの?」って言ってたくらいです。

「部屋数ってか、穴。空見えてるよ。」って私は思ったわけですが。

でもそんなイーディスの反応も納得できるくらい、天井の穴とか虫とか幽霊とか、見ているうちに全然気にならなくなりますから。

むしろ、屋敷を彩る小道具に見えてきますから。

デル・トロ監督、すごい。

微ホラー?いやいや、結構怖い

レビューを見ていると、「そんなにホラー部分は怖くない」とか「微ホラー」という感想があったんですが、いやいやそんな事ないです。

幽霊の演出シーン、結構怖い。

 

イーディスのお母さんや、屋敷に現れる真っ赤な幽霊達の登場シーンは、普通にびびります。

お母さんなんて、真っ黒な骸骨が真っ黒な洋風ドレスまとった姿。そりゃイーディスが悲鳴あげるのも頷ける。大人の私だって怖いもの。

もっと生前の面影を残しておかないと、お母さんって気づいてもらえないよ!

 

深紅の幽霊達も、なんていうか…。本当に深紅。(語彙がなくてすみません)

人間って(幽霊だけど)、色が一色になるとあんなに不気味になるものなんですね。初めて知った。

動きも怖いし、暗闇であんな幽霊に追いかけられたら失神できる。

そのくらい怖いです。

とにかくトーマスに癒される

今日の感想記事で一番言いたい事はこれ!

トーマス役のトム・ヒドルストン(トムヒ)の色気がすごい。とにもかくにも、彼に癒されます。

 

準男爵という貴族の役がまさにハマリ役。まるで王子様。

アラサー女子達の胸がときめく事請け合いです。かく言う、私もときめきました。

トムヒ、上流階級の服がとっても似合うんですよね。スタイル良くってまた…。

泣けてくる。

 

トーマスとイーディスがやっと結ばれるシーンでは、なんと彼の半裸が拝めます。眼福。

半裸って、上か下かじゃなくて、前か後ろかの半裸。で、この映画で拝めるのは後ろ。

鼻血でちゃうし、こんなに綺麗な男性の裸、いや、尻があって良いのか…、とまたもや涙。

 

トムヒファンへはもちろん、ときめきと心の潤いが欲しいアラサー女子諸君におススメです。

ホラーの中で繰り広げられるからこそ燃える、メロドラマ

色んな事情や障害があって、なかなかイーディスとトーマスは結ばれません。結婚してるのにね。

イーディスはトーマスの事大好き!って感じなんだけど、トーマスの方が中々踏み切れない。その理由も後半になると分かるんですが。

ただ、踏み切れない中でも、心がどんどんイーディスに傾いているのが伝わってきて、もう~…!

きゅんきゅんしちゃいましたよね!

 

そして、このメロドラマ。

繰り広げられる舞台がクリムゾン・ピークだからこそ、なお燃えるんです。

 

障害があってこそのメロドラマなんですけど、幽霊だとか、殺人疑惑とか、自分も殺されるかもとか…。

障害のレベルが半端なく高い。

 

見ている方はとてもときめきます。

生きるか死ぬかの場面で、そっと優しさ差し出されるんですよ?私でなくてもコロっといきますって。

もう、トムヒの好きにしてくれ。むしろ抱いてくれ。

そう思いました。

イーディスにとってはたまったもんじゃないでしょうけどね。

 

個人的には、もっとメロドラマ感が全面に出てた方が嬉しいな~、なんて思いました。

けど、これ以上やってしまうと、男性が見た時に「ん?これ昼ドラ?」ってなるかもしれませんから。

バランスとしては丁度良かったんだと思います。

 

トーマスがイーディスに惹かれて苦悩する場面、もっと詳細に見たかったですけどね。(しつこい)

 

【映画:クリムゾン・ピーク】のまとめ

以上、『映画:クリムゾン・ピーク』の感想でした。

ゴシック・ロマンス・ホラーとして、とても楽しめた映画でした。

 

ホラーあり、メロドラマ要素あり、何といってもその映像美。

現実離れしたミアの綺麗さも怖いくらいだし、そしてトムヒのあふれ出るフェロモン。

リピート確定の映画です。

 

今ならNetflixで配信中ですので、まだ見てない方は一度見てみて下さい(´▽`)

 

ではでは、またね!

画像引用:(C) Universal Pictures.