ホラー

【ドラマ】サブリナダークアドベンチャー:あのサブリナがダークになって帰ってきた。1~4話感想。

昔NHKで放送されていたコメディドラマ「サブリナ」が、過激でダークになって帰ってきました。

その名も「サブリナ ダークアドベンチャー」

 

今回のサブリナはダークファンタジー。ストーリーは、前回のドラマとは全くの別物になっています。

これがすごく面白い。

 

思っていたよりダークでちょっと過激なんですが、先の気になるストーリー展開になっています。

おススメ。

 

今回は、作品の紹介とシーズン1:1~4話まで観ての感想を書いていきますね。

 

※後半、ネタバレにご注意ください。

【ドラマ】サブリナダークファンタジー:作品情報とあらすじ

原題 CHILLING ADVENTURES OF SABRINA
製作国 アメリカ
製作年 2018年
話数 10話
製作 ロベルト・アギレー・サカサ

ハイスクールに通うサブリナは、人間界と魔界という2つの世界を生きるハーフの魔女。これまでの人生をすべて捨て、闇の洗礼を受ける時が近づくが…。

引用:Netflix

 

漫画・アニメ・ドラマと大人気のサブリナ

サブリナの原作は、アーチーコミックから出版されている漫画「魔女サブリナ」。

 

アニメ化もされていて、日本でも1970年代に「かわいい魔女サブリナ」(NHK、テレビ東京)、2004年に「おちゃめな魔女サブリナ」(ディズニーチャンネル)が放送されています。

「おちゃめな魔女サブリナ」は、2014年にもディズニーチャンネルで再放送されたそうです。

2014年てことは、つい最近まで放送されてたんですね!

 

こっちが「かわいい魔女サブリナ」↓

 

こっちは「おちゃめな魔女サブリナ」↓

 

おのじ
おのじ
タイトルも絵柄も昭和っぽくてほっとするね。

 

 

そして一番馴染みがあると思われるのが、1996年からNHKで放送されていたコメディドラマ「サブリナ」。

メリッサ・ジョーン・ハートがサブリナ役で出演していました。

 

私と同年代の人は、リアルタイムで見ていた人もいるかも。

当時、月曜の夕方に放送されていた記憶があります。

夕ごはん食べながら、妹と「サブリナ」を見てたなぁ。あ~ほんと懐かしい!

 

魔女の修行中のサブリナが、魔法でトラブルを起こしたり巻き込まれたり…というコメディで、夢中になってました。

有名人が本人役でゲスト出演することもあって、それも楽しみのひとつでした。

フィギュアスケーターで金メダリストのタラ・リピンスキーや、アヴリル・ラヴィーンも出てたなぁ。

 

 

1970年代から現代まで、長くメディア化されている作品なので、「あ!サブリナ知ってる~!」って人は結構いそう。

ターゲット層が広い意味でも、今回の新しいサブリナ、人気が出そうですね。

 

さとみ
さとみ
40年ちかく愛されているって、すごいですよね。
おのじ
おのじ
日本でいう「ドラえもん」とか「サザエさん」みたいな感じなのかな?

 

海外ドラマ「リバーデイル」とのコラボはあるか?

「海外ドラマbord」に、こんなことが書かれていました。

彼女が住む街はリバーデイルの隣町“グリーンデール”。『リバーデイル』と『サブリナ: ダーク・アドベンチャー』は同じアーチー・コミックスが原作。世界観を共有しているため、『リバーデイル』にグリーンデールが登場したことも。アーチーを惑わせた女教師グランディが引っ越した先もグリーンデールでしたね。製作総指揮も同じであることから、早くもクロス・オーバーに期待が集まっています。

引用:海外ドラマbord

 

こういう、「コラボ」とか「クロスオーバー」って言葉に弱い私。

コラボする可能性があるなら、見ておきたくなっちゃう。

 

さとみ
さとみ
「限定」とか「抱き合わせ販売」にも弱いですよね、おのじさん。
おのじ
おのじ
ついついね。へへっ。

 

 

「リバーデイル」のジャンルは、ダークサスペンス・ミステリー。

サブリナの世界観ともあいそう。

未見の人は、今のうちに予習していても良いかもしれませんね!

 

おのじ
おのじ
私もまだ見てないんだよね~。サブリナ観終わったら、リバーデイル観てみよう!

 

海外での評価が高い

© Fandango.

 

Rotten tomato(映画レビュー集積サイト)での評価は、

 

  • トマトメーター90%
  • オーディエンススコア85%

 

と高評価!

 

コメディからダークファンタジーへの転身は、大成功ですね。

 

【ドラマ】サブリナダークアドベンチャー:感想

登場人物

サブリナ・スペルマン(キーナン・シプカ)

魔術師である父と、人間である母の間に生まれたハーフ魔女。

父母は亡くなっており、葬儀屋を営むおばさんたち、従兄のアンブローズと一緒に暮らす。

16歳の誕生日に、魔女として闇の世界に生きるか、人として光の世界に生きるかの選択を迫られる。が、ブラックウッドへの不信から、儀式当日に「獣の書」へのサインを拒否。

闇の世界と光の世界、どちらも捨てないという第3の道を探し始める。

 

ゼルダおばさん(ミランダ・オットー)

掟を重んじる魔女。サブリナを引き取って育てている。

言葉や性格がけっこうきつい。妹であるヒルダおばさんを学生時代に過去にいじめていたり、何度か殺したこともある。

血も涙もない冷血魔女かと思いきや、家族のことは意外と大事にしている様子。

サブリナが魔法学校でしごきを受けたときには、校長に直談判しに学校に乗り込む。

過去のヒルダおばさんへの仕打ちを、反省するシーンも。

 

ヒルダおばさん(ルーシー・デイヴィス)

茶目っ気のある魔女。思った事を言うと、たいていゼルダおばさんににらまれる。

ぽっちゃり系の優しいおばさんで、いつもサブリナのことを気にかけてくれる。

「姉は妹を殺す権利がある」というめちゃくちゃな掟により、何度かゼルダおばさんに殺されている。でも復活する。

学生時代は、実の姉にしごき(いじめ)を受けていたという、何気に可哀そうな過去を持つ。

 

アンブローズ(チャンス・パルデモ)

サブリナの従兄で魔術師。

なにかとサブリナの相談にのってくれる頼れる兄貴。ゲイ。

 

セーレム

サブリナの使い魔である黒猫。

本当の姿はタコのような恐ろしい姿。サブリナの危機にかけつけ、助けてくれる。

 

ハービー・キンクル(ロス・リンチ)

サブリナの彼氏。

目の前でサブリナが半裸になっても、己を抑える誠実ボーイ。

優しく明るい普通のティーンエイジャーかと思いきや、家族事情は少々複雑。父親とあんまりうまくいっていない。

炭鉱で「何か」を見たのが原因で、炭鉱に入る事に恐怖を抱いている。

 

ブラックウッド司祭長(リチャード・コイル)

サブリナのパパの師でありながら、弟子の方が先に出世してしまった。

サブリナ16歳の儀式の日、獣の書にサインさせようとするも失敗。なんとかサブリナにサインさせようと、やっきになっている。

魔法学校の校長もしている。

 

ワードウェル先生(ミシェル・ゴメス)

人間界でサブリナが通う高校の女教師。序盤で悪魔に殺され体を乗っ取られる。

真面目でお堅い見た目だったが、乗っ取られてからはセクシーさが増すという、定番の設定を実行中。

サブリナを闇の主に捧げるため、ブラックウッドとともに暗躍。

 

本格的でダークな世界観

以前放送されていた「サブリナ」は、コメディで30分枠のドラマでした。

だからセットも、サブリナとおばさんたちが住む家がメイン。雰囲気も明るかったなぁ。

 

さとみ
さとみ
海外ドラマ「フルハウス」と同じ感じ、といえば伝わりやすいかも。

 

 

だけど今作「サブリナダークアドベンチャー」の世界観は違います。

めちゃくちゃ本格的で豪華。そしてダーク。

 

ストーリー上、黒魔術や儀式のシーンがあるので、セットはゴシック。重厚感がある家具・小物が中心になっています。

それが不気味で幻想的な雰囲気を醸し出していて、まるで魔女の世界そのもの!

 

おのじ
おのじ
こういうの好き~!セットって大事だよね。没入感が違うもの。

 

 

セットだけじゃなく、世界観もちゃんとダークになってます。そしてちょっと過激。

今作は、サブリナたちの「魔女」としての側面が強く、魔術や悪魔のシーンが多く描かれています。

流血シーンや人が殺されるシーンもあるし、そのシーンがわりと突然。

そしてキスシーンやラブシーンもある。(がっつりじゃないけど)

 

「あ!サブリナがリメイクされたんだ~!なつかし~!」なんて前情報なしにお子さんと見ちゃうと、慌てて子どもの目を覆うことになるかも!

 

今作は、どちらかというと大人向けな印象です。

 

おばさんたちのキャラも違う!

サブリナといえば、ゼルダおばさんとヒルダおばさん。

今作でももちろん登場しますが、そのキャラクターは前作からかなり変更されています。

 

今作のゼルダおばさんは、なんといっても苛烈。そしてちょっと怖い。

「姉は妹を殺す権利がある」なんていう、闇の世界独特の法があるからっていうのも大きいですが。

ヒルダおばさんが、自分の意にそぐわないことをすると殺します。問答無用。

 

そんなキャラクター変更ですけど、不快感はありません。

2人ともサブリナを大事に思っているし、なんだかんだいって家族を大事にしているからです。

魔女の世界では殺しても復活するので(殺されるたびに復活までの時間は長くなるみたいだけど)、ゼルダ的には「お仕置き」レベルの感覚なのかも?

 

さとみ
さとみ
とんでもないお仕置きですけどね。

 

深まる謎

サブリナのパパ・ママは亡くなっているのですが、その死に殺害疑惑が出てきます。

当時司祭長だったパパは、人間であるママと結婚したことで、いろいろと波紋があったようですから…。殺されていたとしても不思議ではありません。

だれがやったのか?どうして殺されたのか?

謎は深まるばかりです。

 

おのじ
おのじ
ヒルダおばさんは生き返ったけど…。魔術師を確実に殺す方法があるのかな?

 

 

そしてもう一つはダークサイドの人物たちの目的です。

第4話までみましたが、まだ闇の主、ブラックウッド司祭長、ワードウェル先生の関係性がはっきりしていません。

 

闇の主がサブリナを闇の世界の住人にしたいのは確か。

手下であるブラックウッド司祭長・ワードウェル先生が、闇の主に代わって暗躍するのですが…。

司祭長の私怨も入っていたりで、一筋縄ではいかなそうです。

学園の生徒に命じて、サブリナが死にかねないいじめをさせていたのも司祭長ですし。

 

おのじ
おのじ
サブリナパパに出世の先を越された恨みもあるのかね?だとしたらなんてちっちぇ男だ!!

 

 

人間関係や謎は、これからもさらに深まっていきそう。

どうなっていくのか、すごく楽しみです。

 

魔女だけじゃなく、人間もダーク

サブリナは魔術師と人間のハーフ。

それが原因で、闇の世界の住人からいじめを受けます。

その主犯格がプルーデンスを中心とした魔女3人。彼女たちも魔法学校の生徒です。

 

そのいじめの内容の過激さには、ちょっと驚きます。

サブリナが死にかねないようなしごきをするんですから…。

事実、過去にも死人が出ているしごきの方法なんです。

 

おのじ
おのじ
プルーデンス…!恐ろしい子…!!!

 

 

それだけじゃなく、人間界でサブリナが通う高校の校長がすごく嫌なやつ。

いじめを黙認したり、女性蔑視の傾向があったりと、教育者としては疑問だらけ。

 

魔女だけでなく、人間の汚さも描かれる新・サブリナ。

そういう意味でも「ダーク」です。

 

人間界は人間界で問題が…

普段サブリナは、周りに知られないよう、魔法で友達を守っています。

ですが16歳の誕生日以降は、平日は人間界、週末は闇の世界の魔法学校で過ごす事に。

 

サブリナがいない間の人間界も、何だか不穏でこれから何か起こりそう。

サブリナの彼氏のハービーは、ただの明るいリア充かと思ったら(失礼)意外と重いものを抱えています。

 

  • 幼い頃、炭鉱で何か恐ろしいものを見た事でトラウマになっている
  • トラウマが原因で父親と上手くいっていない
  • ハービー同様、炭鉱で何かをみた男性が精神に異常をきたす

 

ここまで揃っちゃったら…。

今後は、その「恐ろしい何か」を突き止め行く流れになりそう。

 

問題が同時進行していた方が、観ている方はドキドキして楽しめるので、そうなったら嬉しいですね。

 

セーレムの出番が少ない…

これが今作のセーレム。めっちゃくちゃ可愛い。

LOS ANGELES, CA – OCTOBER 19: Salem the Cat attends Netflix Original Series ‘Chilling Adventures of Sabrina’ red carpet and premiere event on October 19, 2018 in Los Angeles, California. (Photo by Rachel Murray/Getty Images for Netflix)

 

 

サブリナの相棒であるセーレムは、前作ではコメディということもあり、めちゃくちゃ喋っていました。

 

さとみ
さとみ
前作セーレムの声優は、小倉久寛さんでしたね。
おのじ
おのじ
前作は、元人間っていう設定だったんだよね。

 

今作のセーレムは、本来の姿は魔物。普段は黒猫に姿を変えている設定で、ほぼしゃべりません。

しかも出番が少ない。

 

サブリナ役のキーナン・シプカは猫アレルギーだそうで、それも影響しているのかも…。

なんにせよ、猫好きとしては寂しい。

もっとセーレムの活躍がみたいですね。

 

【ドラマ】サブリナダークアドベンチャー:まとめ

シーズン1の序盤にして、どっぷりとハマってしまった新・サブリナ。

今後の展開が楽しみです。

 

シーズン1が10話だから、あっという間に観終わっちゃうけど…。シーズン2の予定とかはまだ発表されていないのかな?

新情報があれば、追記していこうと思います。

 

ではでは。

おのじ(@ozy_san_0624)でした。

 

こんな記事もおすすめ