ホラー

【映画】サイレンス:マディーにツッコミして楽しむホラー。

映画「サイレンス」を見ました。

耳の聞こえない女性ライターが、自宅でサイコパス殺人鬼に襲われ、命をかけて対決するお話です。

 

©Intrepid Pictures

 

設定はすごく面白いです。

この映画を観ようと思った決め手も、あらすじを観てその設定に惹かれたから。

 

ただ、演出をスリルと受け取れるか、受け取れずにイライラしてしまうかで、評価が分かれる作品だと思います。

 

私は残念ながら後者でした。

 

  • リアルな緊迫感・ままならない状況を楽しみたい人にはおススメ。
  • イライラしやすい人は、見るとストレス溜まっちゃうかも。

 

 

おのじ
おのじ
個人的評価はこちら!
  • スリル 
  • 設定の良さ 
  • 演出 
  • 総合 

 

それでは感想いってみます。

 

※ネタバレ注意です。

 

【映画】サイレンス:あらすじと作品情報

原題 HUSH
製作国 アメリカ
製作年 2016年
上映時間 81分
監督 マイク・フラナガン

 

人里離れた森の中に移り住んだ耳の聞こえないライター。ある日、覆面をした殺人鬼が窓の外に現れ、命をかけて立ち向かう事に…。

引用:Netflix

 

主人公の名前はマディー。

家の近くに、友人のサラとその彼氏が住んでいる設定でした。

サラは殺人鬼に殺されてしまい、サラを探しにきた彼氏もまた、殺されてしまいます。

カギをかけた家の中と外で、マディーと殺人鬼の攻防が繰り広げられます。

 

【映画】サイレンス:感想

殺人鬼の存在に気づけない恐怖

自分の後ろに殺人鬼が立っている。

安心できるはずの自宅で、こんな状況になったらと思うとゾッとしますよね。

 

この映画「サイレンス」では、序盤で殺人鬼が自宅に侵入してきます。

普通なら気づける状況でも、マディーは耳が聞こえないので気づけない。

観ている側が、

 

おのじ
おのじ
うしろー!うしろにいるー!!

 

とやきもきする事間違いなしです。

 

「背後に殺人鬼がいるのに、耳が聞こえないために気づけない」という設定は、すごく良かった!

かなりハラハラさせられますし、今後の展開も一体どうなっていくの!?と序盤でがっつりハートをつかまれます。

 

あまりにもマディーが気づかない

設定の良さで急上昇した期待ですが、上がったテンションは段々降下していくことになります。

 

背後をうろつく殺人鬼に、マディーがあまりにも気づかなさすぎるからです。

 

まさか自分の家に他人が侵入するなんて思わないから、ある程度気づけないのは仕方ない。

だけどマディーは不自然なほど感じません。

て、徹底的すぎない…?(震)

 

妹とのビデオ通話中に「ねぇ、後ろにいるの誰?」って妹が言っても、「猫よ~」と言って確認すらしません。

 

おのじ
おのじ
猫に見えないから「誰?」って聞いてる!察してマディー!

 

心の中で「いやいやいや…」と突っ込む人は私だけではないはず。

 

無防備、ダメ、絶対

そもそも、どうして犯人はマディー宅に侵入できたのか?

それは、マディーが1階の窓を開けっぱなしにしていたからです。

 

おのじ
おのじ
こ、こ、この無防備ちゃんっっ!!!

 

 

世の一人暮らしの女性に問いたい。

女性の一人暮らしで、夜に1階の窓全開にするって。そんな事します?

しかも開けた窓から目を離すって、そんな事します?

 

そんなことするなんてありえない!無防備すぎるわ!って思ったあなた。

 

マディーに防犯意識ってやつを教えてあげちゃくれませんか。

 

 

マディーがあぶなっかしすぎて、「そら危ない目にもあうよ!」という心境になっちゃうんですよね。

映画序盤でこの流れは厳しいです。

登場人物に共感できるかどうかって大切。

でもマディーがこんな無防備さでは、共感するのが中々難しい。

 

実際私も、共感するどころか心配ばかり。

 

おのじ
おのじ
お母さんでもないのに、なんでこんな心配ばっかりさせられるん…。

 

という気持ちになりました。

 

犯人が不気味。意外と賢い。

侵入してきた殺人犯は、せっかく気づかれていないのに、わざわざ自分の存在をアピールします。

それはマディーを精神的にも追いつめて楽しむため。

なんと卑劣な。

 

この犯人が仮面をかぶっていて、不気味な雰囲気を出していたのがすごく良い!

と思った直後、その仮面を取ってマディーに素顔を晒してしまいます。

 

何でや。

 

仮面がなくなってしまって、せっかく「得体のしれない殺人鬼」だったのが一気にただの変質者になってしまった感じ。

 

顔が見えないとか正体が分からないって、観ている側にもすごく不安感を与えるからホラー効果抜群だ思うんだけどなぁ。

素顔を早々に晒してしまったのは、すごくもったいなかったです。

 

 

さて、この犯人。

見た目はただのチンピラなのですが、意外と賢い。

バカみたいな失敗するんだろうな、なんて思っていたけど(失礼すぎる)そんな事しない。

 

電気を使えなくしたり、ネット回線抜いたり、外に停めてある車を壊したり。

着々とマディーの退路を断っていきます。

 

おのじ
おのじ
なるほど。ホー〇アローン的なミスは犯さないスタイル。

 

どっちかというと、ミスを犯しているのはマディーの方ですね。(もうちょい頑張れ)

犯人によってマディーが圧倒的に不利になっていく過程は、観ていて焦りを掻き立てられました。

 

時々入る、「無音」の演出

通常時は音がありますが、時々無音になるシーンがあります。

これはマディーの世界を表現しているもの。

マディーの状況をリアルに体験している感覚になるので、この演出すごく良かったです。

 

 

ついついマディーの行動にやきもきとしてしまう本作。

ですがこのシーンが入ると「マディーの世界ってこんな感じなんだ」と少し理解できます。

 

逃げるために犯人から身を隠してしまうと、相手の動きも把握できなくなる。

気づかれていないのか、追ってきているのかも分からない。

良い意味でのジレンマを感じさせてくれます。

 

助かりそうな機会をフイにしてしまう事、あるよね

設定や音の演出は良いのですが、「なぜ!?」と思うマディーの行動が多々あるのが、観ていて辛い所です。

映画中盤でサラの彼氏が登場し、犯人を逆に襲おうとするんですよね。

この彼氏がマッチョで強くて、取っ組み合いになっても犯人に余裕で勝てそうな人なんです。

 

その彼氏が犯人に飛びかかろうとした瞬間、マディーが窓をバンバンと叩き、サラの彼氏の注意を自分に引き付けます。

結果、犯人がそのスキを突いて彼氏を殺してしまいます。

 

 

マディ----------!?!?!?!?

 

 

おのじ
おのじ
あ、あんたって子はーーー!!!

 

 

助けを呼ぶタイミングが完全に悪かったこのシーン。

もう逆に狙ったとしか思えない。

サラの彼氏になんか恨みでもあるの?

死んでほしかったの?

 

おのじ
おのじ
マディ…恐ろしい子…っ!

 

 

このシーンで「もう少しで助かったのに!」っていうやきもき感を演出したかったのか?と予測はできますが、それは失敗だとしか思えない。

ホラー映画の、ドキドキさせるための演出やタイミングって、本当に難しいんですね。

常にイライラと紙一重。

 

批評家からの評価は良い

私には疑問点の方が多かった「サイレンス」。

ですが、Rotten Tomatoes(映画評論家のレビューをまとめたアメリカのサイト)では評価がかなり良いようです。

 

ま、まじか!!

耳の聞こえない演出シーンが評価されたのかな?

 

まとめ

以上、映画「サイレンス」の感想でした。

 

この映画の見どころは、

  • 殺人鬼がいる事に気づかない。ハラハラする恐怖演出
  • 時折入る「無音」の演出で、主人公の状況をリアルに体験

この2つです。

 

面白い演出と設定ですが、同時に疑問点も数多くある映画でした。

なんだかんだツッコミしながら見れたので、ある意味楽しめましたけどね!

 

同じく女主人公が殺人鬼に立ち向かう映画ならば、個人的には「サプライズ」の方をおすすめします。

 

それではまた!

こんな記事もおすすめ