サスペンス

【映画】ホールド・ザ・ダーク:難解で好き嫌いが分かれるダークサスペンス

おのじ(@ozy_san_0624)です。

Netflixオリジナル映画「ホールド・ザ・ダークそこにある闇」を観ました。

 

(c)Netflix

 

最初から最後まで重苦しい雰囲気の映画だけど、私は好きです。

アレキサンダー・スカルスガルドも出てるからね。(大ファンなんです…)

 

 

ストーリーが難解なので、解釈や評価が分かれる作品なのは確か。

ですが、要所要所でストーリーや背後にあるものを想像できるように、ヒントはちゃんと提示してくれています。

そのヒントを元に、どう考察するかは観る人次第…というスタンスの映画です。

そういうの、大好き。

 

おのじ
おのじ
私の評価は(3.5)でした(ぼそっ)

 

※ネタバレ注意です!

 

【映画】ホールド・ザ・ダーク:作品情報とあらすじ

作品情報

原題 Hold the Dark
製作国 アメリカ
製作年 2018年
上映時間 125分
監督 ジェレミー・ソルニエ

 

監督ジェレミー・ソルニエは、「ブルー・リベンジ」「グリーン・ルーム」の監督もつとめています。

 

この2作はまだ見ていませんが、評価が良いみたい。

タイトルの通りに色がテーマとなっているらしく、劇中での色彩表現が評判になっていました。

今作「ホールド・ザ・ダーク」もモノトーンの色彩がすごく綺麗。

 

おのじ
おのじ
もしかして、監督は作品の色彩に拘りがあるのかな?

 

ただ今作同様「ブルー・リベンジ」も「グリーン・ルーム」も、観た人の好き嫌いがはっきり分かれる映画のようです。

ソルニエ監督の作品は、もともと万人受けするタイプじゃないのかもしれませんね。

 

あらすじ

オオカミに息子をさらわれたと言う母親の依頼で、アラスカの辺ぴな村を訪れた作家。だが、動物行動学の知識を生かした人助けが、不気味な謎に包まれる恐怖に変わる。

引用:Netflix

 

原作小説「Hold the Dark」

この映画には原作があります。

それが小説「Hold the Dark」。

 

残念ながら、翻訳版はナシ…。

英語…。英語さえ読めれば…(泣)

 

【映画】ホールド・ザ・ダーク:感想

ストーリーが難解で曖昧

評価の明暗を分けた一番の理由は、ストーリーの難解さと曖昧な表現かなと思います。

話を読み解きにくいので、登場人物たちの理解がとても難しい。

 

わたしも最初は、

ってなりました。

 

 

  • オオカミは何の象徴なのか?
  • どうしてメドラは自分の子どもを手に掛けたのか?
  • バーノンとチーオンが警察官たちを手にかけたのはなぜ?
  • 悪ってなに?闇ってなに?

 

観ていると疑問がたくさん出てくると思います。

 

ただ、曖昧に謎を推察できるくらいのヒントはあります。

あくまでも曖昧にですけどね。

 

このヒントを自分なりに解釈していくと、朧気に話の筋が浮かび上がってくるので面白いです。

そして、その解釈が人によって全然違うのがまた楽しい。

多分共通して気づけるのって、バーノンとメドラが兄妹だという事くらいじゃないでしょうか。

 

「これ!」っていう明確な答えがないお話ですが、その分かりそうで分からない感じが個人的には好きでした。

 

おのじ
おのじ
バーノン・メドラはじめ、村の人達の価値観が語られないから謎が深まるんだよね。主人公が「それは本人たちにしか分からない」って言ってたシーンからすると、あえて視聴者が分からないように表現されてるんだな~って思ったよ。

 

重苦しく静かな雰囲気と、美しい大自然

序盤からラストまで、村の描写はずーっと重苦しくて不気味です。

 

おのじ
おのじ
笑うシーンがひとつもない…。

 

キールット村の閉鎖的で夢も希望もない空気感が、見事に表現されていました。

呪術的なものを匂わせる部分もありますしね。

 

それとは反対に、雪山の大自然の映像は素晴らしかったです。

村の色彩が「黒」なのに対して、雪山はまっさらな白。(雪だから当たり前ですが)

この対比は、観ている側の気持ちのメリハリにもなるので良かったです。

 

そして、山に暮らすオオカミたちがこれまた美しい…。

目の保養になります。

 

バーノン役はアレキサンダー・スカルスガルド

目の保養になるといえば、バーノン役のアレキサンダー・スカルスガルド!

今回のバーノン役、ハマりにハマっていました。

 

(c)Netflix

 

おのじ
おのじ
カッコいい…。素敵…。

 

バーノンは、何を考えているのか分からない不気味な男性。無表情でニコリともせずに周りの人達を手に掛けてゆきます。

彼の通った後には屍ばかり…。

 

そんな病んでる役どころでしたけれど、スカルスガルドさん、ものすごい色気でした。

 

ものすごい色気でした。(大切な事なので2回いいました)

 

 

海外ドラマ「トゥルー・ブラッド」にエリック役で出ていた時とは、また違った危険な色気です。

どちらがタイプかと聞かれると、苦渋の決断ですが私はエリック。(聞かれてない)

肉体美はエリック役の時から相変わらずで、思わずうっとりしますよ。

 

 

一番好きなのは、バーノンが息子のベイリーと一緒にいる回想シーンです。

ここでドキドキする女性陣、私のほかにもいないだろうか…?

 

おのじ
おのじ
スカルスガルドの父性と包容力がダダ漏れなんだよ…!たまらないんだよ…!!

 

目の保養だけでなく、心にときめきも感じさせてくれるバーノンinスカルスガルド。

スカルスガルドファンには、ぜひぜひ見ていただきたいです!

 

評価は賛否両論

私は楽しめた「ホールド・ザ・ダーク」。

先にも書いたように、観た人たちのレビューは賛否両論でした。

 

では、海外の映画レビュー集積サイト・Rotten Tomatoes(ロッテントマト)での評価はどうなのか?

ちょっとのぞいてみました。

 

そしたら意外や意外。

結構評価が良いじゃないですか!

 

  • トマトメーター(トップレビュアーのうち、肯定的な意見の割合)は67%
  • オーディエンススコア(一般レビュアーのうち、星3.5以上をつけた人の割合)は80%

 

おのじ
おのじ
トマトメーターのボーダーラインは60%。肯定的なレビューが60%以上なら、新鮮な赤いトマトのマーク。60%を下回ると、腐って潰れたトマト(ロッテントマト)のアイコンがつくんだよ!
さとみ
さとみ
オーディエンススコアは、良い評価(星3.5以上)をつけた人が60%以上だと満杯のポップコーンアイコン。60%を下回ると、入れ物が倒れたポップコーンアイコンがつきます。

 

自分の好きな映画の評判が良いと、ちょっと嬉しいですね。

 

【映画】ホールド・ザ・ダーク:まとめ

以上、映画「ホールド・ザ・ダーク」の感想でした。

 

難しくて謎だらけの話を、あぁでもない、こうでもない、と考えながら楽しめた映画でした。

疑問がたくさん残るもんだから、何度映画をリプレイした事か。

「解釈は観る人しだい」というストーリーが好きな方に、おススメの映画です。

 

何度見ても謎がどんどん深まるばかりなので、見ごたえがありますよ。

雰囲気や作中での色彩も綺麗なので、そこもおススメポイントです。

 

そして、アレキサンダー・スカルスガルドのファンは絶対見るべき。

スカルスガルドの色気に、ぜひ悶えて下さいませ。

 

ではではまた!