ホラー

【インシディアス 最後の鍵】面白い!けど、エリーズはそんなことしない…というジレンマ。

おのじ(@ozy_san_0624)です。

 

「インシディアス最後の鍵」を観ました。

 

 

© 2018 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc.

 

今回も監督が交代していますが、リー・ワネルの脚本、ジェームズ・ワンの製作参加は変わらず。

演出も相変わらず安定の面白さはありましたが、同時に「こんなのエリーズじゃない!」というジレンマも感じる作品になっていました。

 

※ネタバレ注意です。

インシディアス 最後の鍵:作品情報&あらすじ

原題 Insidious: The Last Key
製作国 アメリカ
製作年 2018年
上映時間 103分
監督 アダム・ロビテル

 

超常現象の専門家として活動するエリーズのもとに仕事の依頼がやってきた。それは、かつて幼少期にエリーズが暮らしていた家に現在住んでいるという男が、引っ越してきてから不可解な現象が続くため、助けてほしいという内容だった。迷ったあげくに仕事を引き受けたエリーズだが、思わぬ事態に遭遇する…。

引用:ソニー・ピクチャーズ公式サイト

 

じりじりハラハラさせる恐怖演出がとても良い!

シリーズ1、2作目の監督がジェームズ・ワン。3作目はリー・ワネル。

今回はまた監督が交代して、アダム・ロビテルがメガホンを取っています。

 

新しい監督の恐怖演出はどんなだろう…と期待と不安いっぱいで見ましたが、とってもハラハラさせられ、おまけにじりじりとじらされて、恐怖効果抜群の演出でした。

 

私せっかちなのでじらされるのはあまり好きではないのですが、これは良かった。

ちょっと動悸がしました。

 

特に、エリーズがスーツケースを次々と開けていくシーン。

狭くて天井の低い通路でスーツケースのフタを開けると向こう側が見えなくなるのですが(どんな状況?)、その死角から今にも何がが飛び出してきそうで…。

 

来ない。

 

次のスーツケースを開ける。

フタの向こう側から何かが…

 

来ない。

 

そんなハラハラシーンを、何度も繰り返します。

 

おのじ
おのじ
出るなら出てー!早く出ちゃってーー!!ああぁぁぁぁー!

 

そんな気持ちにさせられました。

 

じらしながらハラハラさせる恐怖演出、最高です。

 

監督アダム・ロビテルの監督作品は?

監督アダム・ロビテルは、「パラノーマル・アクティビティ5」の監督も務めています。

パラノーマルアクティビティといえば、大人気ホラーシリーズ。

私はあまりにも怖くて、シリーズ3作目で見るのをやめてしまいました。

 

おのじ
おのじ
良い機会だから、見直してみようかな。
さとみ
さとみ
また夜眠れなくなりますから。やめてください。

 

ほかにも、「テイキング・オブ・デボラ・ローガン」も監督しているのですが、この作品もとても面白そう。

キャッチコピー「この老婆、トラウマ級」

どんな老婆なのだろう。

 

おのじ
おのじ
設定面白そうで見てみたい!老婆が婆(ババア)に見える。

 

いちファンとしてどうだった?

評価はなかなか厳しいものが多く、日本ではDVDスルーだった本作。

インシディアスシリーズ、そしてエリーズのいちファンである私が「インシディアス最後の鍵」のストーリーをどう感じたのか?

 

おのじ
おのじ
楽しみにしていたエリーズの過去編だけど…。過去のエリーズ、こんなのエリーズじゃないよね!?

 

現代パートのエリーズには何の問題もないのですが、どうしても少女時代のエリーズの行動・考え方にひっかかってしまいました。

 

一番の疑問は、エリーズの行動

インシディアスシリーズの人気に、エリーズの存在は大きいと思います。

そのエリーズの人物像に疑問を持ってしまったのが、私が今作にもやもやしてしまった一番の理由です。

エリーズファンであればあるほど、残念に思う気持ちは大きいかも。

 

霊の存在を頑なに主張

霊の存在を信じる人・信じない人がいることは、学んでも良いんじゃない?と、一番に感じました。

 

エリーズは子どものころから霊が見えています。母親はそれを信じてくれるけど、父親は頭から否定。

霊の存在を口に出すたび、エリーズは父親に虐待されてしまうんですよね。このシーンは純粋に可哀そうなんだけれど…。

それなのに幼少期のエリーズは、頑なに霊の存在を父親に言い続けます。

余計な事しか言わないんですよね…。

 

おのじ
おのじ
何で?

 

すごーくこれが疑問。

自分がひどい目に合わされるのはもちろん、それをきっかけに父母の言い争いに発展することもあります。

それを繰り返しているはずなのに、学ばないエリーズ。

今までのエリーズの人物像から察するに、こういう場合「空気を読んで何も語らない」ということが出来る子だと思うのだけど…。

 

 

そして父親が霊を信じないのは痛いほどわかっているはずなのに、10代後半になっても「ここに幽霊がいる」と父親に言い続けるエリーズ。

 

おのじ
おのじ
なんで?

 

父親にどうしても理解してほしいわけでもなさそうなのに、繰り返すのはなぜなんだ。

何でもかんでも言えばいいってもんじゃないし、「それは若さのせい」ってこじつけるには、ちょっと浅いかなぁと感じてしまいました。

10代ってもっと色々考えてるよ。空気だって読むし。

 

父親に監禁されていた女性も、エリーズの発言のせいで殺されてしまったような流れ。

1,2作目でのキャラクター設定から考えると、エリーズはそんな浅はかなことしないと思う。

 

現代のエリーズは、思慮深く、強くて優しいキャラクターとして描かれてきたのに、過去のエリーズとのこのギャップはなんなんだろう。

成長と経験を経て、今のエリーズになったという設定だとは思うのだけど、個人的には「う~ん…」というところ。

人格そのものが違う印象でした。

 

弟を捨て、家を飛び出すエリーズ

そしてこのシーン。

ケダモノのような父の元に弟を置いて、自分はさっさと家出するエリーズ。

 

ここが「エリーズじゃないよね?」と感じさせる決定打でした。

 

シリーズ初期から、自分を犠牲にしても霊に悩む人々を救おうと奔走していたエリーズ。

そんな彼女が、若かったとはいえ弟を置いて家出をするなんて…。

自分が出ていったら、弟が父親にどんなひどい目に合わされるかも分かってるだろうに…。

 

おのじ
おのじ
なんか違和感。

 

この出来事がきっかけで、弟との間に溝がある、という現代の設定につながってるんですが、ちょっと乱暴な気がしました。

 

おのじ
おのじ
エリーズってそんなキャラクターだっけ?

 

今作がインシディアスシリーズ初視聴、という方は違和感はあまり感じないかもしれません。

ですが、エリーズファンは引っかかる所が多いです。

 

視聴者の裏をかく演出は良い!

エリーズの設定に疑問は抱くけれど、ストーリーの構成は面白かったです。

 

特に扉の奥から出てきた悪霊のせいで、住人達がおかしくなってしまう部分は良かったです。

エリーズの父親の所業も悪霊のせいだと分かり、少しほっとしました。

子にとって、親の想い出って影響が大きいと思うので。

父親が大量殺人犯だなんてシャレにならないですもんね。

現実では父が殺人を犯したことに変わりはないけれど、父親は操られていてと分かるのは、エリーズにとっても弟にとっても救いです。

 

おのじ
おのじ
しかし殺しすぎだったよね。
さとみ
さとみ
よく青年期のエリーズも弟も気づきませんでしたね。

 

そして、幽霊だと思っていたのが実は人間だった!という演出にも驚かされます。

この2段構え。やるじゃないですか…。

 

家族の描写は無理やりだけど、最後はまんまと泣いた

長い間音信不通だった弟との再会、姪っ子だちとの出会いなど、今作でも家族の描写はしっかり描かれていました。

挿入が若干無理やりな感じもありましたが、今回も泣きましたよ。

父が最後に見せた親らしさ、最後に助けに来てくれた母。

もう、もう…

 

おのじ
おのじ
そんなん泣くしかない

 

スペックスの春

これは、「良かったね…。」と生暖かい目になるエピソードでした。

スペックスが、エリーズの姪っ子姉妹のうちの一人と良い感じになります。おめでとう。

 

根拠もなく、スペックスとタッカーには春なんて来ないと思っていたので(失礼すぎる)、これはファンとしては嬉しい展開でした。

 

おのじ
おのじ
たまにはこんなほのぼの展開があってもいいよね。
さとみ
さとみ
タッカーの春はまだみたいですけどね。

 

エリーズの姪にも、霊能力がある?

ちゃんと受け継がれていますね。

エリーズの姪にも、霊能力が備わっています。

姪の霊能力が次作へどう影響していくのか、とっても気になります。

 

次回作があるなら、エリーズ&姪っこの活躍がぜひ観たい!

 

シリーズとのリンクは今回もあり

今作でも律儀にシリーズ1作目とのリンクがあって、「ダルトンのあの時のシーンに!」という感じ。

やっぱり分かっていても、リンクがあるとワクワクしてしまいます。

 

とはいえ、1作目と2作目ほど強烈な伏線にはなっていないので、そこは残念なところ。

でも、そんなに何回も同じ演出は使えないですものね。

ファンサービス的な要素かな、と思いました。

 

【映画】インシディアス 最後の鍵:まとめ

 

以上、「インシディアス 最後の鍵」のレビューでした。

 

ちょっと疑問な点もありましたが、それもエリーズへの愛ゆえ。

それに、なんだかんだ楽しめました。

 

第5作の製作も決定しているという噂があるけれど、どうなるかははっきり分かりません。

次回作があるのなら、ぜひ巻き返しをはかってほしい!

まだまだ続いてほしいシリーズなので、応援してます。

 

ではでは。

おのじ(@ozy_san_0624)でした。

 

こんな記事もおすすめ