手帳・文房具

私の好きな手帳

こんにちは、おのじです。

ふと映画や海外ドラマの事だけではなく、自分の好きな文房具の事も書いてみようかなと思い立ちました。(あまりに更新しなさすぎて、ブログ存亡の危機ですし)


映画の事はもっぱらTwitterで呟いていますが、文房具の事はインスタの方にあげています(最近はインスタの方が浮上率高め)。

文房具も興味ある~って方は、インスタの方にも遊びに来てくれるととっても嬉しいです。

さて今日は手始めに、私の好きな手帳たちについて、軽めに書いていこうと思います。

私を魅了する本革の手帳たち

私が愛してやまないのは、本革の手帳です。
色々なブランドから本っっっ当に素敵な手帳がたくさん出ています。私が持っているのは、

  • PLOTTERさんのレザーバインダー
  • レイメイ藤井さんのロロマクラシック
  • ブレイリオさんのミネルバボックス
  • トラベラーズファクトリーさんのトラベラーズノート
  • kawacoyaさんのプレミアムピッグスキン手帳
  • Van Der Speckの手帳

この手帳たちです。


中でもプロッターのレザーバインダーやトラベラーズノートのように、シンプルですっきりしている手帳が大大大好きです。

トラベラーズノート(左)とPLOTTER(右)
縫製がなく、皮革一枚とパーツで作られているシンプルさが素敵です。


手帳に使われている革たちがまた、手触りが良くて香りも良くて…。そして何より、革のエイジングに魅せられてしまいました。

少しずつ色や手触りが変化していくさまがたまらない…!!

革にはもともと個体差がありますし、使う人の癖によって色や手触りの変化の仕方も変わってきます。(革手帳使うようになって初めて知りました。受け売りですw)

だから自分が使っている手帳はまさに、自分と一緒に年を重ねている世界で一つの手帳なんですよね。

くぅ~~~~!たまらん!!

そんな革手帳の魅力にどっぷりの最近なのです。

革手帳本体だけでなく、「手帳の中身をどうしていこうか…」と悩むのも楽しい時間です。インスタで色んな方の手帳術を参考にしながら、ちょっとずつ自分のログがたまっていくのが、何とも言えない充実感…。

こんな感じで、自分なりの手帳・文具ライフを満喫している最近です。

これから革手帳のエイジングや購入記録、手帳の中身や書く時の四苦八苦について、ちょっとずつ書いていけたらなと思います。

おのじ

よろしくね。